こんにちは、はせぽよです!

 

今回は、自己破産申請をして
事業を停止した静岡県の銘菓「アマンド娘」の
販売元であるロリエ常盤家の
社長、常盤準さんに注目して行きます!

 

まずは常盤準さんの経歴や
プロフィールをチェックして
行きたいと思います!

 

また常盤準さんについてネットで検索すると
「浅倉南」と関連ワードが出て来ますが
いったいどんな関係があるのでしょうか?
こちらも調べて行きましょう!

 

それではプロフィールからどうぞ〜

スポンサーリンク


常盤準の経歴やプロフィール!

スクリーンショット 2017-06-12 21.23.26

常盤準(ときわ ひとし)

生年月日:昭和33年(59歳)
出身地:静岡県清水区船原町
出身学校:常葉大学付属橘中学校・高校

大学卒業後、フランスで2年菓子作りの修行
帰国後ロリエ常盤家に入社
4代目社長

 

学生時代はブラスバンド経験
体が弱かったためスポーツは得意ではないが
健康づくりのため小学校時2年ほど柔道も経験。

姉がいる

稼業100年以上続く老舗
初代の常盤満吉はもともと郵便配達人で
屋台の大判焼き屋をみて、
ロリエ常盤家を創業。

2代目常盤峰三郎がカステラを販売開始する。
3代目常盤光晴が洋菓子を創業する。

ロリエ常盤家の銘菓「アマンド娘」は
3代目が販売を開始し40年〜50年ほどの
歴史を持つ。
アーモンドを使ったお菓子で
清水のお菓子「ちゃっきり娘」を文字って
「アマンド娘」と名付ける。

お菓子を作るときには
お客さんが食べて喜んでる風景を
想像しながら作業をしているそう。

現在は静岡県に5店舗を構える地元の
有名菓子店として経営している。
かつては15店舗あった時もあったそうだが
規模を大きくしすぎたため、縮小し9店舗になり
また経営が行き詰まってくると
現在の5店舗まで縮小した。

 

地域一番店を目指して
100年以上続く店として
静岡県、清水を代表する
名店として名を馳せたい。
と考えていたが、今回残念ながら
事業を停止する運びとなった。

15店舗を構えていた
95年9月期の年売上高は
約6億6000万円を計上。

2016年度9月期末時点での負債は
約3億9000万円にのぼった。
全国的な知名度を誇る県内銘菓と
比べると土産需要が弱かったこと。
同業他社の洋菓子店出店や
郊外型大型ショッピングセンターの進出、
コンビニスイーツが出現したこと
により店舗集客力が弱くなっていたこと。

さらには積極的な店舗展開による設備投資が
収益面での足かせとなり、累積損失を抱える
ことになってしまったのが、
大きな理由だ。

 

浅倉南との関係は?

スクリーンショット 2017-06-12 21.24.28

スポンサーリンク


常盤準さんについて調べていると
「浅倉南」のワードが出て来ます。

浅倉南といえばあだち充さんの
代表作である野球漫画「タッチ」の
ヒロインですね。

常盤準さんとの関係は一見なさそうですよね!

実はめちゃくちゃ浅倉南マニアで
事あるごとに浅倉南を引き合いに
だしてたりしてww

そんなまさかですねw

 

よくよく調べてみますと、
同姓同名の方に
ライターで小説家の方がいらっしゃいました。

その方の出版物に
「だいたい男の心には、浅倉南がいる」
というものがありました。

 

そのせいで関連に浅倉南さんが
出て来ていたんですね。
今回注目している常盤準さんとは
全くの無関係でした!

 

スポンサードリンク


まとめ

 

今回は残念ながら自己破産し
事業停止をしてしまったロリエ常盤家の
社長である常盤準さんに
注目して来ました。

 

静岡の銘菓「アマンド娘」は
食べたことがなかったので
また事業を再開することがあれば
ぜひ食べてみたいと思います!

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

スポンサーリンク